2248円 Das Rheingold ミュージック クラシック オペラ・声楽 Das <セール&特集> Rheingold 2248円 Das Rheingold ミュージック クラシック オペラ・声楽 cinexvisuals.com,Das,ミュージック , クラシック , オペラ・声楽,Rheingold,2248円,/intraosseous67303.html Das <セール&特集> Rheingold cinexvisuals.com,Das,ミュージック , クラシック , オペラ・声楽,Rheingold,2248円,/intraosseous67303.html

Das 賜物 セール 特集 Rheingold

Das Rheingold

2248円

Das Rheingold

Das Rheingold

[このGebhartd盤は、コード違いでもう一種登録されている( Das Rheingold )。そっちの方が割安の場合もあるので、購入の際は要確認]呆気に取られる男声陣の顔触れ。これほど豪華な《ライン》を他に知らない。主要キャラクターは最強の第一人者が勢揃い、それでも飽き足らず、〈ドンナー〉にヨーゼフ・メッテルニヒ(!)、〈フロー〉にルドルフ・ショック(!!)を配する、全員が大スターの“お祭り”状態の凄まじい布陣。しかもほぼ全員が時期的に最良のコンディション。音質は、「初期ステレオ?」と聴き紛うばかりの、立体感も奥行きも富む上質モノラル、北西ドイツ放送(後のNDR)制作のスタジオ録音。ヴォーカル・オンマイクで声の艶と細部をよく捉えており、とても輝かしい。24bitリマスターである点も威力を発揮しているのかも。本盤の聴き所は2点。圧倒的にアクの強いナイトリンガーの〈アルベリヒ〉が、やはり、というか、いつも通り、他の歌手を喰ってしまう。もう一人はジャケ写にもあるように、〈ローゲ〉のヴィントガッセン。ヴィントガッセンに関しては、ユーゲントリッヒャー型で軽量タイプなのは良いとしても、ヘルデン緒役では、重量級ロブストをこよなく愛する者として、私は彼の性格テノール寄りの声質がやや苦手。しかし、〈ローゲ〉に回ったときは、それが極めて効果的で、これこそがヴィントガッセンの一番のハマリ役と思えてならない。数え切れないほど数多ある彼の録音でも、50年代初期は、“若さが弾ける”といった印象で、ハリも力強さも巧さもあって心奪われるものがある。本盤の〈ローゲ〉、また、翌53年のフルトヴェングラーとの〈ジークムント〉やメードル相手の 《トリスタン》抜粋 なんかが、彼の最良の録音のように感じている。特にヴィントガッセン派の方には、本盤はオススメ。存分に楽しめると思う。因みに、もっとストレートにヘルデン寄りの雄々しい美声の〈ローゲ〉なら、全盛期のジェス・トーマスがアリア集で録音したものが大変魅力的。他にも、そのトーマスの弟子で声質がソックリだったペーター・ホフマンも若い頃ライヴで歌っている。1940年代〜50年代前半期最良の〈ヴォータン歌い〉の一人で、フルトヴェングラーのご指名が多かったフェルディナント・フランツは、本盤も悪くないものの、正直、彼のベストではない。高音が厳しくなり威力が若干落ちてしまっている。声の艶の面で、私はライヴァルのホッターよりフランツ贔屓の人間なので、彼の〈ヴォータン〉・〈さすらい人〉を他にも色々と聴いているが、彼の真髄を堪能するには、1948/49年モラルト指揮のウィーン・ツィクルス録音がベターと思う。ついでながら、クナ@ミュンヘン1950《トリスタン》の屈指の〈マルケ王〉も本当に素晴らしい。何れにせよ、翌年のフルトヴェングラーのローマ・ツィクルスに比べれば本盤でのコンディションはずっと良い。N響を鍛え上げた大功労者として日本人にはお馴染みのシュヒターは、“ドイツ版マリオ・ランツァ”といった感じで映画でも活躍したスター・テノール、ルドルフ・ショックのお気に入り伴奏指揮者として、オペレッタから独語版仏伊オペラ、さらに独EMIエレクトローラの《ローエングリン》全曲盤まで、コンビを組んで大量の録音を残している。シュヒターのヴァグナー全曲物は52年の本盤と、その前後、51年《オランダ人》[※]と先述53年《ローエングリン》ぐらいか。「鬼トレーナー」「典型的なドイツ型指揮者」のイメージが強いが、本盤の指揮は堅実でオーソドックス。オケは優秀だし決して低調ではないが中庸。ティンパニ強打のアクセント付けする程度で、終始意識的に「歌手陣を立てる」ことに徹している。なので、スケール感、熱気、ドラマ性に過剰な期待はしないほうが無難。本盤の意義はあくまでも「豪華スター歌手陣を愛でる」ことにある。N響つながり、というわけでもないけれど、スタンドアローンの《ライン》全曲録音でドラマティックな面白さを求めるなら、例えば、穏健派転向前のサヴァリッシュが熱く攻める@ケルン1962ライヴなんかのほうがエキサイティング。しかも、ジョージ・ロンドンの貴重なライヴ録音の〈ヴォータン〉やゾルタン・ケレメンの〈知性派アルベリヒ〉など、こちらに勝るとも劣らない歌手陣も豪華で素晴らしい。本盤の《ライン》収録の翌53年、NDRは、今度は、同放送響を第一級に育て上げた初代監督シュミット=イッセルシュテットの指揮の下、スヴァンホルム、グラインドル、若き日のニルソン、とまたしてもトップ級を招いて《ヴァルキューレ第1幕》をスタジオ収録している(有名な録音で、確か吉田秀和も一言二言褒めていたはず)。しかし、ちょうど放送局の分割再編の時期に重なった為か、結局、後続録音は行われず、歌手陣、オケの技量、音質、と三拍子も四拍子も揃ったこのハンブルク・ツィクルスは未完に終わっている。実に悔やまれる。[※これも北西ドイツ放送制作で豪華メンバー。ホッター好き、クルト・ベーメのファンにはオススメかも。指揮は本盤より劇的で面白く、結構楽しめる]ヴォータン: フェルディナント・フランツフリッカ/エルダ(二役): レス・フィッシャーフライア: ローレ・ホフマンフロー: ルドルフ・ショックドンナー: ヨーゼフ・メッテルニヒローゲ: ヴォルフガング・ヴィントガッセンアルベリヒ: グスタフ・ナイトリンガーミーメ: パウル・クーエンファゾルト: ゴットロープ・フリックファフナー: ヨーゼフ・グラインドルヴォークリンデ: マルゴート・ギレアウメヴェルグンデ: イルゼ・ケーゲルフロースヒルデ: マリア・フォン・イロシュファイ北西ドイツ(北ドイツ)放送響指揮: ヴィルヘルム・シュヒター録音: 1952年10月7日、ハンブルクでのスタジオ収録
ヴォータン: ジョージ・ロンドンフリッカ: エリーザ ベト・シェルテルフライア: インゲボルグ・キルレンフロー: ヘルマン・ヴィンクラードンナー: カール・サブロツクローゲ: ヘルベルト・シャハトシュナイダーミーメ: エルヴィン・ヴォールファルトエルダ: ヘレン・ラーブアルベリヒ: ゾルタン・ケレメンファゾルト: ゲルト・ニーンシュテットファフナー: ハイナー・ホーンヴォークリンデ: リゼロッテ・ハンメスヴェルグンデ: ヘレン・ドナートフロースヒルデ: ヘルガ・イェンケルケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団指揮: ヴォルフガング・サヴァリッシュ録音: 1962年5月22日ケルン・ライヴ、モノラル
リブレット日本語対訳は付属していませんが、「ラインの黄金 対訳」で検索すると、無料の対訳がみつかります。(これはB003GWDSTOに関する情報ですがamazonが勝手に他の商品に掲載することがありますのでご注意ください)【配役】 ヴォータン:アルベルト・ドーメン ドンナー:ラルフ・ルーカス フロー:クレメンス・ビーバー ローゲ:アルノルト・ベゾイエン ファゾルト:クヮンチュル・ユン ファフナー:ハンス=ペーター・ケーニヒ アルベリヒ:アンドリュー・ショア ミーメ:ゲルハルト・ジーゲル フリッカ:ミシェル・ブリート フライア:エディット・ハラー エルダ:クリスタ・マイヤー ヴォークリンデ:フィオヌアラ・マッカーシー ヴェルグンデ:ウルリケ・ヘルツェル フロスヒルデ:ジモーネ・シュレーダー バイロイト祝祭管弦楽団 クリスティアン・ティーレマン(指揮) 録音時期:2008年 録音場所:バイロイト祝祭劇場 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)