楽器・音響機器 , DTM・DAW , オーディオインターフェイス,Audiophile,M-AUDIO,192,15222円,cinexvisuals.com,/inport67370.html,サウンドカード,AUDIOPHILE192 M-AUDIO [再販ご予約限定送料無料] サウンドカード Audiophile AUDIOPHILE192 192 楽器・音響機器 , DTM・DAW , オーディオインターフェイス,Audiophile,M-AUDIO,192,15222円,cinexvisuals.com,/inport67370.html,サウンドカード,AUDIOPHILE192 15222円 M-AUDIO サウンドカード Audiophile 192 AUDIOPHILE192 楽器・音響機器 DTM・DAW オーディオインターフェイス 15222円 M-AUDIO サウンドカード Audiophile 192 AUDIOPHILE192 楽器・音響機器 DTM・DAW オーディオインターフェイス M-AUDIO [再販ご予約限定送料無料] サウンドカード Audiophile AUDIOPHILE192 192

M-AUDIO 再販ご予約限定送料無料 サービス サウンドカード Audiophile AUDIOPHILE192 192

M-AUDIO サウンドカード Audiophile 192 AUDIOPHILE192

15222円

M-AUDIO サウンドカード Audiophile 192 AUDIOPHILE192

商品の説明

Audiophile 192は、業界標準のM-Audio Deltaオーディオカードシリーズの伝統を受け継いでいます。世界で最も有名なオーディオカードと言えるAudiophile 2496をベースに、高解像度192kHzのサンプリングレート、デジタル入出力、バランスアナログ入出力、驚異的なS/N比113dBを実現しました。オーディオ性能の新しい基準となるAudiophile 192は、音楽制作、マスタリング、クリティカルリスニング等に最高のパフォーマンスを提供します。全てのDeltaシリーズと同様に、MacやPCのアプリケーションをサポートする優れたドライバで安定性を実現、複数のDeltaシリーズを1つのシステムに組み込む事も可能です。

M-AUDIO サウンドカード Audiophile 192 AUDIOPHILE192

Audiophile 2496(以下2496)を7年半ほど使ってきましたが、オーディオ装置の解析・テストやSDR(ソフトウェアラジオ)の実験などを目的にこれを新調しました。かつての2496より価格がずっと安いのに驚きました。このAudiophile 192で注意しなければならないのは、入出力にMonitor Mixerが選択できない点です。これは、他のアプリケーションでの再生出力を直接取り込んだり、複数の音源を混ぜた出力ができないことを意味します。2496ではできます。公開されている取扱説明書を読むと一目瞭然ですが、不覚にも確認していませんでした。その他にも、アナログ入出力が6.3mm TRS(形状は標準ヘッドフォンジャックと同じ)バランス(アンバラ可)で一般には使いにくいですし、192kHzサンプリングを生かせる音源はほとんど出回っていませんから、同じシリーズであれば2496の方をお勧めします。ちなみに、PRO TOOLS M-POWERED(あまりお勧めはしませんが)で扱えるのは96kHzサンプリングまでなので、これを使っても「猫に小判」です。私のところはS/PDIF出力がメインですし、音質の好みは人それぞれなので、ここでは「電解コンデンサなどにオーディオ専用らしきものは一切使われていない」とだけ触れておきます。ただし高信頼品は使われています。最近の流行らしい(?)出力オペアンプの換装はできません。(NJM5532を全面採用)あと、このシリーズはドライバの出来が悪いのに悩まされます。かつては規格外れのデジタルデータを出力してくれたことがあり、最新のドライバではRate Locked(出力サンプリングレート固定)が選択できなくなっています。普段は仕方なく旧ドライバを使用していますが、それではPRO TOOLS M-POWEREDがハードウェアを認識しません。参考までに、ドライバの更新は現ドライバの事前アンインストールが必須です。さもないと「悲劇」が起きます。

場所の詳細、レビュー、写真をワンクリックで検索

最新の場所