枕カバー 麻 バーゲンセール 100% リネン 日本製 43×63cm枕用 ベージュ 無地 北欧 スリープテイラー リーノ ホテル おしゃれ 洗える ピロケース ピローケース フレンチリネン 831円 枕カバー 麻 100% リネン 日本製 43×63cm枕用 ベージュ 無地 北欧 ホテル ピローケース ピロケース フレンチリネン おしゃれ 洗える スリープテイラー リーノ ホーム&キッチン 寝具 寝具カバー・シーツ 枕カバー,リネン,ホテル,ベージュ,ピロケース,おしゃれ,北欧,フレンチリネン,ホーム&キッチン , 寝具 , 寝具カバー・シーツ,100%,43×63cm枕用,cinexvisuals.com,スリープテイラー,日本製,リーノ,831円,/frory372752.html,ピローケース,洗える,麻,無地 枕カバー,リネン,ホテル,ベージュ,ピロケース,おしゃれ,北欧,フレンチリネン,ホーム&キッチン , 寝具 , 寝具カバー・シーツ,100%,43×63cm枕用,cinexvisuals.com,スリープテイラー,日本製,リーノ,831円,/frory372752.html,ピローケース,洗える,麻,無地 831円 枕カバー 麻 100% リネン 日本製 43×63cm枕用 ベージュ 無地 北欧 ホテル ピローケース ピロケース フレンチリネン おしゃれ 洗える スリープテイラー リーノ ホーム&キッチン 寝具 寝具カバー・シーツ 枕カバー 麻 バーゲンセール 100% リネン 日本製 43×63cm枕用 ベージュ 無地 北欧 スリープテイラー リーノ ホテル おしゃれ 洗える ピロケース ピローケース フレンチリネン

枕カバー 麻 バーゲンセール 大規模セール 100% リネン 日本製 43×63cm枕用 ベージュ 無地 北欧 スリープテイラー リーノ ホテル おしゃれ 洗える ピロケース ピローケース フレンチリネン

枕カバー 麻 100% リネン 日本製 43×63cm枕用 ベージュ 無地 北欧 ホテル ピローケース ピロケース フレンチリネン おしゃれ 洗える スリープテイラー リーノ

831円

枕カバー 麻 100% リネン 日本製 43×63cm枕用 ベージュ 無地 北欧 ホテル ピローケース ピロケース フレンチリネン おしゃれ 洗える スリープテイラー リーノ


商品の説明

ムートンラグ 天然 本物 マイクロファイバー布団カバー あたたか 暖か あったか掛け布団カバー マイクロファイバーベッドシーツあたたか マイクロファイバー 枕カバー あたたか ムートンスリッパ もこもこ あたたか ルームシューズ 綿100%ダブルガーゼふわふわ暖かい和晒し掛け布団カバー
ニュージーランド・オーストラリア産本物 天然高級ムートン使用 ムートンラグ ベルベット調の高密度マイクロファイバー 掛け布団カバー 上品な艶と暖かさが違います ベルベット調の高密度マイクロファイバー ベッドシーツ 上品な艶と暖かさが違います ベルベット調の高密度マイクロファイバー 枕カバー 上品な艶と暖かさが違います 14万足販売した暖かムートンスリッパ 和晒しダブルガーゼ ふわふわ暖かい空気の熱を逃さないアトピー協会推薦掛け布団カバー
美しいサテンストライプエトワール掛け布団カバー 美しいサテンストライプ 高級ホテル仕様 超長綿100%日本製ベッドシーツ エトワール S~Kサイズ 美しいサテンストライプ 高級ホテル仕様 超長綿100%日本製枕カバーエトワール 麻100% 掛け布団カバー 上質なフレンチリネン リーノ 麻100% ベッドシーツ フレンチリネン ボックスシーツ 抗菌 防臭 洗える 麻100% リネン 枕カバー ピローケース リーノ 洗える 抗菌 防臭 オールシーズン
美しいサテンストライプ 高級ホテル仕様 超長綿100%日本製掛け布団カバーエトワールS~Kサイズ 美しいサテンストライプ 高級ホテル仕様 超長綿100%日本製 ベッドシーツ エトワール S~Kサイズ 美しいサテンストライプ 高級ホテル仕様 超長綿100%日本製 枕カバー 43×63cm 50×70cm エトワール 日本製 麻100% 掛け布団カバー 上質なフレンチリネン オールシーズン使える エコテックス認証 S~Qサイズ リーノ 日本製 麻100% ベッドシーツ 上質なフレンチリネン オールシーズン使える エコテックス認証 S~Qサイズ リーノ 日本製 麻100% 枕カバー 上質なフレンチリネン オールシーズン使える エコテックス認証 43×63cm 50×70cm リーノ
綿100%80サテン シルクのような艶。掛け布団カバー 80サテン ベッドシーツ ノーブル 最高級超長綿 シルク 綿100% 日本製80サテン 最高級超長綿使用 シルクのような滑らかさ 枕カバー ピローケース ノーブル 麻100% キセキの麻 洗いざらしリネン100% 麻100% 掛け布団カバー 上質なフレンチリネン オールシーズン使える エコテックス認証 S~Qサイズ リーナ 麻100% 枕カバー ピローケース 上質なフレンチリネン オールシーズン使える エコテックス認証  リーナ
日本製80サテン 最高級超長綿使用 シルクのような滑らかさ 掛け布団カバーS~Qサイズ ノーブル 日本製80サテン 最高級超長綿使用 シルクのような滑らかさ ベッドシーツS~Qサイズ ノーブル 日本製80サテン 最高級超長綿使用 シルクのような滑らかさ 枕カバー 43×63cm 50×70cm ノーブル 日本製 麻100% 掛け布団カバー 洗いざらしリネンの極上の柔らかさ キセキの麻 S~Qサイズ リーナ 日本製 麻100% ベッドシーツ 洗いざらしリネンの極上の柔らかさ キセキの麻 S~Qサイズ リーナ 日本製 麻100% 枕カバー 洗いざらしリネンの極上の柔らかさ キセキの麻 43×63cm 50×70cm リーナ

枕カバー 麻 100% リネン 日本製 43×63cm枕用 ベージュ 無地 北欧 ホテル ピローケース ピロケース フレンチリネン おしゃれ 洗える スリープテイラー リーノ

シャツ等リネン素材の服は大好きなのに寝具は一つも持ってなかったので買ってみました。ホテル枕みたいなのを入れると結構清涼感を感じますが、固めの枕だとそこまでは感じないかな?でもサラッとした麻特有の肌触りはきっちり感じますし、気持ちいいなと思います。これを購入した後はシーツも肌掛け布団も全てリネンの物に買い換えましたが、体に触れる物を全てリネンにして寝ると通気性もよくて凄く快適。リネンの肌触りや通気性が好きな人なら枕カバーもこれで行きましょう!天然素材なのでピリングとかもあるかもしれないですが、リネンはそういうものです。届いた商品にはありませんでしたが、そういう粗野な雰囲気も含めて趣のある素材だと思います。埃が気になる場合は1度洗濯してから使えばほとんど気になる事はないでしょう。
天然素材の麻100%ということで買ってみました。この商品と同じ構造のものも探したがなかなかなかったのも本品を購入した理由です。洗濯機で洗濯した結果、(1)跡形もなく縮みどうしようもなかった。(2)アイロンをかけてもしわはなかなか取れず苦労した。なんでこんな商品を開発製造したんでしょうか。洗濯したらどのようになるか全く考えなかったのでしょうか。こんな商品とてもではないがホテルで使えるわけがありません。商品案内に不信感をいだきました。普通の綿素材か、化繊で十分と考えます2020/12/19 11:35
長年、汗かきなもので普通の枕カバーの上にタオルを敷いて使っていましたが、夏は暑い。特に私は横向き寝が多いので、肌面が暑く感じる。「接触冷感」を謳うものも使ってみたことはあったが、ああいうのは確かに「その瞬間」はいいけど、温まってくると逆に暑いんですよね・・・で、「夏と言えば麻じゃないか?」と思い、「麻のタオルがいいんじゃないか」と思って探しても案外ないんですよね。でも探している間に、この「麻の枕カバー」を見つけました。そりゃ単に上に敷くタオルより枕をくるめるカバーの方がいいよねということで早速注文。品質表示でも「麻100%」となっているのみで、リネンなのかラミーなのか分かりませんけど、「100% Pure Linen」とも説明書きがあるのでリネンなんでしょう。「乾燥機にかけても大丈夫」というレビューがあったので、洗濯ネットも使わずそのまま洗濯機に放り込み、乾燥機にかけたら、もちろんクシャクシャにはなりますが、確かに特に問題はないようです。早速使ってみると、やはり麻は良い!「接触冷感」を謳うものと比べて、とにかく「熱がこもりにくい」ところが良いです。乾燥機と自然乾燥、どちらが良いか・・・人によって違うでしょうけど、私は自然乾燥の方がいいかなと思いました。麻は水に強いけど、熱にはどうかなというところもあるので。これは使える!と思ったのでホワイトとベージュを買い足して、ベージュ2枚ホワイト1枚の体制で、3日に一度洗濯というペースで使っています。見栄えはホワイトがいいけど、自分で使うならベージュで十分かな。値段も高めのフェイスタオルぐらいだし、接触冷感系のものに色々手を出すくらいならこれが良いと思いますよ。
使い始めたばかりなので、耐久性についてはよく分かりませんが、しっかりしていて麻の肌触りが気持ちいいです。麻は老廃物を吸収?してくれると聞いて、家族みな麻の枕カバーにしていますが、今までで一番安かったのは1600円で、もっと薄いものでした。色目は写真よりも濃いです。グレーに近い感じです。

CRISPR-Cas9とは?原理をわかりやすく解説!

ゲノム編集ツールの中でも、世界中の研究室で使われているのがCRISPR-Cas9です。CRISPR-Cas9を活用することで、遺伝子研究はこれまで以上に加速して…

おすすめ抗体作製受託サービス!シグマ アルドリッチが徹底解説

カタログ品の抗体で思うように結果が出ないときや、そもそも希望する抗体がないとき、お困りではありませんか?その際、自らオリジナルの抗体作製を検討することもあるでし…

アポトーシス(apoptosis)とは?ネクローシスとの違いも徹底解説

細胞死とは、機能不全に陥った細胞が死ぬことだけを意味するものではありません。生命活動においては、しばしば能動的な遺伝子発現による計画的な細胞死「プログラム細胞死…

医薬品の品質管理と標準物質~ワーキングスタンダードと二次標準物質~

なぜ医薬品の品質管理において標準物質選びは重要なのか? 医薬品の品質管理において、物質のモノサシの役割をする標準物質は重要です。もしも、モノサシの目盛りが毎回…

<研究最前線>佐々木雄彦-脂質に注目して病態形成を明らかにする

東京医科歯科大学難治疾患研究所教授の佐々木雄彦先生は、生体内に存在する脂質と疾患との関係に注目し、脂質の生理活性と作用機序の解明を進めています。脂質研究・分析技…

クロスカップリング反応の基礎

有機合成における重要な反応、クロスカップリング反応とは 有機合成化学において、炭素-炭素結合の生成は常に最重要なテーマです。ただし炭素と炭素を結合させるのは一…

定量NMR(qNMR)とは?

通常、有機物の純度はHPLCかGCで測定されますが、クロマトグラフィーを用いた純度は、検出したシグナルの面積値の割合に基づいており、この方法では、異なる物質は異…

【保存版】RNA精製→逆転写→リアルタイムPCRの実験フロー

遺伝子発現解析でよく使われるRT-PCR。特に、定量的な解析ができるリアルタイムPCRは、発現量の解析で必要不可欠な手法となっています。しかし、実験がうまくいか…

<研究最前線>泊幸秀-古き良き生化学にこだわる姿勢

東京大学定量生命科学研究所教授の泊幸秀先生は、タンパク質に翻訳されないRNAである「ノンコーディングRNA(ncRNA)」に注目し、その機能や原理の解明に取り組…

<研究最前線>三浦正幸-細胞死を軸に広い視野で発生や成長をとらえる

東京大学大学院薬学系研究科教授の三浦正幸先生は、細胞死の研究を主軸としながら、発生や成長におけるサイズ制御や、再生における代謝制御、栄養と腸内細菌の関係など、多…

<研究最前線>塩見 美喜子-“動く遺伝子”から生殖細胞のゲノムを守る仕組みを解き明かしたい

東京大学大学院理学研究科教授の塩見美喜子先生は、生殖組織(卵巣・精巣)で特殊なDNA配列である「トランスポゾン」による遺伝子破壊からゲノムを守るための”品質管理…

<研究最前線>胡桃坂仁志-DNA収納様式から遺伝子発現制御を明らかにする

東京大学定量生命科学研究所教授の胡桃坂仁志先生は、DNAの核内収納様式である「クロマチン構造」に注目し、遺伝子発現を制御する仕組みを解明しようとしています。クロ…

ライフサイエンス全般を網羅!メルクの6ブランド徹底紹介

350年以上もの、長い歴史をもつメルク。 何をめざし、どのようにお客様と歩み続けてきたのか? 本記事では、メルクのミッションとビジョン、そしてその実現のため…

<研究最前線>サリドマイド催奇性はどのようにして解明されたのか

サリドマイド催奇性、その原因を追う 1950年代後半に催眠鎮静薬としてドイツで開発され、かつて日本でも睡眠薬や胃腸薬として広く販売されたサリドマイド。妊婦のつ…

<研究最前線>検査効率の向上を実現!アフラトキシン分析に適した多機能固相カラムとは

大量の検体を短時間で検査 一般財団法人マイコトキシン検査協会では、厚生労働省の登録検査機関として、輸入食品の検査などが行われています。検査は研究のための実験と…

【初めての論文投稿⑧】オンライン投稿~準備から投稿完了まで~

オンライン投稿前に準備すべき7つのこと 論文の原稿が仕上がったら、あとは投稿するだけです。現在はオンライン投稿が主流で、雑誌や出版社のサイトには専用フォームが…

大腸菌におけるタンパク質発現とホスト選択 その種類と特徴

目的・課題に合わせたホスト選択 大腸菌の菌体内は動物細胞などと大きく環境が異なります。したがって、大腸菌でタンパク質を発現させる際には、正しくフォールディング…

大腸菌発現タンパク質を可溶化する発現ベクター その種類と特徴

発現ベクターでタンパク質の可溶性を改善 大腸菌でタンパク質を発現させる際、タンパク質の正しいフォールディングが起こらず、封入体(インクルージョンボディー)にな…

HPLC/UHPLC用サンプルを効率的にろ過する方法

分析の前処理をもっと効率的に クロマトグラフィーによる分析を行う際には、試料を前もって分析に適した状態に調製しておくことが必要です。特に高速液体クロマトグラフ…

がん研究で3D培養を行うメリット

がん治療薬開発の課題 抗がん剤の開発候補品のうち、ヒトでの治療効果が認められるものはどのくらいあるのでしょうか。実は意外と少なく、研究者たちの悩みの種となって…

逆相HPLCカラムを行う前に知っておいてほしいこと

8種類のオクタデシルシリルカラムを比較 オクタデシルシリル(以下、ODS)カラムは、逆相クロマトグラフィーでよく用いられるカラムです。汎用性が高く分析化学の領…

<研究最前線>サイの目のブレイクスルー

「存在」でなく「機能」 ―小松先生は「エンザイモミクス」という概念を提唱されていますが、これはどのようなものでしょうか。 生体内の分子を網羅的に調べる手法を…

カールフィッシャー法でよくあるトラブルと解決法

微量な水分を測定できるカールフィッシャー法 試料中に含まれる水分量を測定したい。そんなとき、最もよく用いられる方法のひとつが「カールフィッシャー法(以下、KF…

【日本製】 キャンプケトルクッカー14㎝ 1L 【Made in TSUBAME】

<研究者インタビュー>辻佳子―「やりたいこと」に向き合って生きる

「やりたいこと」に素直に生きる 東京大学環境安全研究センター長として、研究者の環境安全教育に取り組む辻佳子教授。兼担している工学系研究科化学システム工学専攻で…

定量的ウェスタンブロットにおけるローディングコントロールの選び方

定量的ウェスタンブロットとローディングコントロール ウェスタンブロッティングは、細胞または組織から抽出された複雑な混合物から特定のタンパク質を同定するために広…

<インタビュー>研究者と社会の安全を守る!東京大学環境安全研究センターの取り組み

研究の環境安全を守るための教育 研究室には日常生活では扱わない危険なものが多く存在しています。薬品やガスは扱い方を一歩間違えると爆発や火災のような大きな事故を…

【初めての論文投稿③】投稿するジャーナルの選び方

論文を書き始める前に投稿先を検討しよう 論文の投稿先選びは、ときに将来の進路を決めることもある重要なプロセスです。確認が不十分のまま執筆を始めてしまうと、大幅…

徹底サポート!シグマ アルドリッチのカスタム製品サービス

もっと知りたい!シグマ アルドリッチのカスタム製品 試薬の数でトップクラスを誇るシグマ アルドリッチですが、実は、ユーザーの実験計画に合うアレンジや設計を行う…

担当者が語る!シグマ アルドリッチカスタム製品が選ばれる理由

ライフサイエンスの研究では、カタログにはない試薬が必要になることがあります。特にプライマーやペプチドなどは、必要なオリゴDNAやペプチドの設計だけを考え、作製を…

受容体の機能を知るための作動薬・拮抗薬の使い方

作動薬・拮抗薬の作用機序を知って正しい実験を 生体内に存在する受容体は、リガンドを認識して生体のさまざまな機能を誘導する重要な物質です。受容体の機能を調べるた…

【初めての論文投稿②】論文執筆前の準備、まずはここから始めよう!

論文執筆で最初に行うべきこととは 論文執筆は時間も手間もかかる大変な作業です。「そろそろ始めなくては」と思っていても、その長大な道のりを想像するだけで取りかか…

阻害剤マスターの道!酵素反応の実験系を正しく構築するには

酵素反応の実験系を構築するときの注意点とは 生化学的な酵素反応を定量するときは、さまざまな条件を考慮して実験系を構築します。特に最大反応速度の測定には、反応系…

細胞間情報伝達を担う受容体の働きとは

受容体とは何か 多細胞生物の体内では、無数の細胞が連携して働いています。その複雑な共同作業を実現するため、細胞間では様々な情報伝達が行われていますが、その方法…

<研究最前線>分析技術で患者の負担を減らす治療薬物モニタリング

臨床現場で活躍する治療薬物モニタリング(TDM) 病院の薬剤部の業務は、医薬品の調剤や管理を行うだけではありません。注射薬や抗がん剤の調製、また、薬物血中濃度…

【初めての論文投稿①】執筆準備から掲載までの流れを知ろう

半年後を見据えて準備しよう 「そろそろ投稿論文を書き始めなくては」と思いながらも、なかなか手を付けられないでいる人はいませんか?「何から始めればいいのかわから…

<詳細解説>薄層クロマトグラフィー(TLC)の基本と原理

低コストで手軽な薄層クロマトグラフィーを使いこなそう 液体クロマトグラフィーの一種である薄層クロマトグラフィー(以下、TLC)は、低コストで手軽な分析方法です…

「キャピラリーガスクロマトグラフィー」とは

クロマトグラフィーの歴史と発展 クロマトグラフィーは、気体、液体、超臨界流体を移動相とし、カラムと呼ばれる管の中に充填された固定相と物質の相互作用によって混合…

ウェスタンブロッティングで失敗したら見直したい3つの条件

失敗の原因は検出反応にあるとは限らない ウェスタンブロッティングは、下図のように目的タンパク質の分離、転写、検出(抗原抗体)反応という複数の工程から成る複雑…

研究留学をネットワークで徹底サポート!UJAとは

研究留学、最初の一歩を踏み出すために 研究留学と聞いて、皆さんはなにを思い浮かべるでしょうか?「英語が苦手でもう少し準備ができてから」「慣れない土地での生活で…

PCRの結果を向上させる要素とは

PCRに影響を与える条件 PCRの結果は使用する機器や酵素によって大きく左右されますが、他にも様々な条件や試薬の違いに影響を受けます。この記事では、PCRの結…

PCR・RT-PCR用酵素の選び方

酵素の選択がPCRの結果を左右する より高効率で高精度のPCRを実現するため、また多様な用途に対応するため、これまでにいくつものPCR酵素やRT-PCR酵素が…

<研究最前線>HILICカラムがもたらすメタボロミクス多検体解析の革命

なぜZIC®-pHILICなのか 健康調査を通じてバイオバンクを構築、次世代型医療の創出を目指して様々な研究がされている東北大学東北メディカル・メガバンク機構…

<研究者インタビュー>山路剛史―失敗を恐れず自分のやりたいことをやる

生物学のフロンティアを目指して 2018年の2月に米国オハイオ州のシンシナティ・チルドレンズ・ホスピタル・メディカルセンターで自分のラボをスタートさせた山路剛…

<研究最前線>分子と生物の間のブラックボックスを解明!生殖細胞のRNAバイオロジー

フロンティアを目指して 今から15年前、修士の学生だった山路剛史先生は、この先、研究者として生きていく上でどの分野を選べばよいかを考えていました。まだ誰もあま…

効率アップ!マルチプレックスアッセイ、カスタマイズの成功事例

医薬品や農薬の開発過程で活躍するマルチプレックスアッセイ 少ないサンプル量と工数で、迅速に最大500種類ものバイオマーカーの測定ができるマルチプレックスアッセ…

プレプリント・サーバーとは 論文はネットで事前公開の時代に

論文が世に出るまで 研究者のみなさんならご存知の通り、一本の論文が公開されるまでには非常な手間ひまがかかっています。投稿された論文は、まずエディターが内容をチ…

マルチプレックスアッセイで、バイオマーカースクリーニング実験を効率的に

タンパク質バイオマーカーのイムノアッセイ マルチプレックスアッセイは、ひとつの生体サンプルから一度に多項目の情報を取得する実験手法の総称です。 タンパク質バ…

PCRとRT-PCRの基本原理

DNAポリメラーゼとそのアプリケーション PCRとはポリメラーゼ連鎖反応(polymerase chain reaction)の略で、DNAポリメラーゼを用い…

身近な匂いから科学捜査まで!幅広く活躍する分析手法「SPME」とは

香料分析からフェロモン探索まで幅広く活用されるSPME 固相マイクロ抽出(Solid Phase Micro Extraction、略称SPME)をご存知でし…

分析クオリティの決め手「標準物質」とは

「標準物質」は「ものさし」。その選択はとても重要です! 皆さんは、普段、標準物質をどのように選んで使用していますか?深く考えず、物質名だけで選んでいたり、ルー…

経験者が伝授するポスドクの応募方法

納得のいくポスドク先を選ぶために 博士課程の次の進路として、ポスドクの道を考えている人は多いと思います。納得のいく研究室を選択するためには、早くから準備をして…

<研究者インタビュー>琵琶湖からアマゾンへ 。「環境DNA」がかなえた夢

熱帯魚が決めた進路 魚類生態学分野の調査といえば、生物個体を捕獲して分析を重ねる手法が一般的です。そこに住む生物を詳しく調べることで、生態の謎を解き明かしてい…

失敗しない研究室の選び方

研究室選びのために必要な3つのこと いったん所属すれば、毎日通って長時間過ごすことになる研究室。その選択が、将来の進路を左右することもあります。人生の大事な局…

迅速な測光測定テストキットを用いた飲料水中の鉄の高感度測定

優れた鉄含有量測定機能を持つ「Spectroquant® Ironテストキット」 Spectroquant® Ironテストキットは、飲料水、ミネラルウォータ…

研究者の海外留学。経験者が語る5つのメリット

経験者が語る海外留学のメリット 博士課程になり進路を考える段階になると、海外留学も視野に入ってきます。日本を飛び出しキャリアを積んでいくことは、多くの人にとっ…

DIGシステムにおけるオリゴヌクレオチドプローブ作成方法

DIG標識オリゴによるハイブリダイゼーション ハイブリダイゼーションによる核酸の検出には、RI(放射性同位元素)を用いる方法と、抗原抗体反応と化学発光を利用す…

DIGシステムを用いたDNAの標識手法(ラベリング)

DIGシステムを用いた核酸の標識 DIGはステロイドハプテンであるDigoxigenin(ジゴキシゲニン)を用いることでRI(放射性同位元素)を使用せずに、核…

<研究最前線>低コスト生産を可能にしたiPS細胞から作る心筋細胞の新技術とは

低コストで安全性の高い心筋細胞を作り出せる理由 iPS細胞の臨床応用が待ち望まれている臓器は無数にあり、心臓もそのひとつです。心臓病は世界的にも死因として大き…

不可逆的阻害剤と温度・pH変化による阻害

酵素活性を阻害する要因 酵素は触媒的な性質があり、反応への関与によって酵素自体が変化することなく、反応速度を加速します。酵素活性は多くの要因に依存しています。…

酵素阻害剤の分類と様々な可逆的阻害剤

酵素阻害剤の分類 酵素は触媒的な性質があり、反応への関与によって酵素自体が変化することなく、反応速度を加速します。酵素の反応触媒能は、様々な低分子(阻害剤)が…

【ブランドストーリー】研究者のための会社、シグマ アルドリッチの歴史

メルクの一員となったシグマ アルドリッチ社のすべて 2015年11月、シグマ アルドリッチ社がメルクの傘下に加わりました。同社は、世界40カ国に生産、研究開発…

<研究者インタビュー>渡辺亮 iPS細胞×シングルセル解析で見えたもの

iPS細胞は再生医療だけじゃない 研究者だけでなく一般の人々からも大きな期待が注がれている人工多能性幹細胞(iPS細胞)研究。その中核を担う「京都大学iPS細…

<研究最前線>シングルセル解析技術で解明される細胞の運命

「シングルセル」を解析すると何がわかるのか シングルセル解析技術は、複数の細胞集団の平均値を解析する従来の方法とは異なり、一細胞レベルでの遺伝子発現やそれを制…

細胞継代の手順。細胞のタイプにあった方法を選択しよう

なぜ継代が必要なのか 細胞を同じ容器の中で培養し続けると、次第に培養密度が高くなり細胞の老化や細胞死を引き起こします。これを防ぐため、少量の細胞を別の容器に移…

身近に存在する揮発性有機化合物の影響、シックハウス問題を考える

VOCが引き起こすシックハウス症候群 VOCは実験のほかにも、溶剤として塗装、洗浄、印刷などの作業に幅広く使用されています。一方で、揮発性が高いため、目を刺激…

【ブランドストーリー】創業350年のメルクの歴史、始まりは「天使薬局」

メルクってどんな会社? その軌跡 メルクは、ドイツのダルムシュタットに本拠地を置くサイエンスとテクノロジーの世界的企業です。1668年に誕生し、2018年の今…

自己紹介から始めよう!研究者のための英語コミュニケーション術と習得法

自己紹介するときに気をつけたいこと 今年こそ英語を何とかしたいと思っている人に向けて、海外で暮らしている研究者から様々なアドバイスをもらいました。英語のコミュ…

潜入!たよれるメルクのテクニカルサービスの秘密

メルクのテクニカルサービスはどんな質問も大歓迎 メルクのテクニカルサービスでは、製品情報や資料請求だけでなく、製品の使い方や実験のトラブルシューティングなど、…

使い分けが重要!メンブレンフィルターとプレフィルターの違いとは

有形物を表面で捕捉するメンブレンフィルター スクリーンフィルターや精密ろ過膜とも呼ばれるメンブレンフィルターは、一定の大きさの菌体や粒子などの有形物、不溶物を…

用途に合わせて使い分け。抗体のフォーマットと精製方法

抗体技術と抗体のフォーマット 免疫化学を活用した抗体技術は、タンパク質の定量や分離・精製、組織内の抗原を検出する免疫染色など、様々な用途に応用され、ライフサイ…

抗原と抗体の相互作用とは【抗体技術の基本原理】

抗原と抗体の結びつき 免疫化学を活用した抗体技術は、ライフサイエンス研究の多くの分野において必要不可欠なツールとなっています。免疫化学の基本原理は「特異的な抗…

ライフサイエンス研究者におすすめする8冊の本

研究の知識を深め世界を広げてくれる本 この記事では複数の研究者への取材をもとに、定番の専門書から研究室のトラブルを回避しモチベーションをアップさせる本まで、ラ…

分析前処理に使う精密ろ過フィルターの選び方

フィルター選びの4つのポイント 分析前処理用に分類されるフィルター製品には様々な種類があります。各メーカーのカタログにはそれぞれの特長が書かれていますが、実際…

研究者に伝えたい、研究費獲得のために大切なこと

研究費を獲得するために大切なこと 研究を続けていくには、予算を獲得し途切れさせず運用しなくてはいけません。そのためには、若手のうちから将来のキャリアを見据えた…