デューティサイクル調整可能LCDディスプレイPWM方形波ボード,(2),信号発生器,cinexvisuals.com,PWMパルス周波数1Hz〜150Khz,Aideepen,/fluvialist412907.html,2個セット,産業・研究開発用品 , 工業用計測器 , 電子測定機器,951円 951円 Aideepen 2個セット 信号発生器 PWMパルス周波数1Hz〜150Khz デューティサイクル調整可能LCDディスプレイPWM方形波ボード (2) 産業・研究開発用品 工業用計測器 電子測定機器 デューティサイクル調整可能LCDディスプレイPWM方形波ボード,(2),信号発生器,cinexvisuals.com,PWMパルス周波数1Hz〜150Khz,Aideepen,/fluvialist412907.html,2個セット,産業・研究開発用品 , 工業用計測器 , 電子測定機器,951円 951円 Aideepen 2個セット 信号発生器 PWMパルス周波数1Hz〜150Khz デューティサイクル調整可能LCDディスプレイPWM方形波ボード (2) 産業・研究開発用品 工業用計測器 電子測定機器 Aideepen 2個セット 信号発生器 2 信用 PWMパルス周波数1Hz〜150Khz デューティサイクル調整可能LCDディスプレイPWM方形波ボード Aideepen 2個セット 信号発生器 2 信用 PWMパルス周波数1Hz〜150Khz デューティサイクル調整可能LCDディスプレイPWM方形波ボード

最安値 Aideepen 2個セット 信号発生器 2 信用 PWMパルス周波数1Hz〜150Khz デューティサイクル調整可能LCDディスプレイPWM方形波ボード

Aideepen 2個セット 信号発生器 PWMパルス周波数1Hz〜150Khz デューティサイクル調整可能LCDディスプレイPWM方形波ボード (2)

951円

Aideepen 2個セット 信号発生器 PWMパルス周波数1Hz〜150Khz デューティサイクル調整可能LCDディスプレイPWM方形波ボード (2)


商品の説明

PWMパルス周波数デューティサイクル調整可能モジュール方形波矩形波信号発生器モジュール

  1. LCDは、周波数とデューティサイクルを非常に明確に表示します。PWM出力を周波数とデューティサイクルとして設定できます。
  2. 広い周波数範囲および高精度;
  3. シリアル通信、TTLレベル

  • 動作電圧:3.3V-30V
  • 周波数範囲:1Hz〜1 50KHz
  • 周波数精度:各範囲の精度は約2%です
  • 信号負荷容量:出力電流は約5〜30mA
  • 出力振幅:PWM振幅は供給電圧に等しい

Aideepen 2個セット 信号発生器 PWMパルス周波数1Hz〜150Khz デューティサイクル調整可能LCDディスプレイPWM方形波ボード (2)

届いた商品は3つとも液晶に傷もなくすべて正常に動作したので非常にコスパの良い商品でした。端子が7本出ている側の4本の方、基板外側の2本のどちらかに電源のプラスを接続し、反対側の2本のどちらかに電源のマイナスを接続すると、端子が4本しか出ていない側のボタンが付いていない側(ボードを表面からみて上側)の2本から、入力電圧と同じ電圧のPWM信号が出力されます。2本出ているPWM出力は同じ信号が出力されるため、同じ信号を2本まで取り出すことが出来ます。出力されるPWM信号は1KΩの抵抗に接続されているため入力電圧/1000mAの電流が取り出せるようです。適当にそれっぽく接続すれば動いてしまうので特に説明も載っていませんが、何かシリアル接続でコントロールできるらしいけどどうやるのってなると思うので「XY-LPWM」というキーワードで検索してみてください。大抵は他の通販ページなのですが、丹念に探すと回路図とか使い方のページを発見することが出来ます。なお、仕様が変わったのか違うバージョンが存在するのか、発見した情報に従って操作を行ってもうまく動作しないということになった場合には、私が試した範囲で分かった事を載せておきますのでご参考までに・・・・入力と同じ電圧のPWM信号が出力される・通信パラメータを間違えると書き込み読み取りに失敗する 通信速度:9600bps データビット:8ビット ストップビット:1 チェックデジット:なし フローコントロール:なし・シリアル接続によるコマンドの書き込みは1行まとめて入力しなければならない・ターミナルエミュレータで周波数を変更する「f100」を手動で入力すると コマンドの入力途中(具体的には2文字目)で入力が終了してしまい周波数が 100Hzでなく1Hzになってしまう・デューティー比の設定も同様に1行入力でないと1桁の値しか入力できない・TeraTermのシリアル通信は1文字入力しか出来ないのでテストには使えない・周波数とデューティー比の入力に成功すると「OK」という文字列が返される・入力に不正がある場合には「FAIL」が返ってくる・周波数とデューティー比を設定するコマンドは個別に入力しなければならない・現在の状態を取得する「read」コマンドを1行入力しないと「re」と入力した 時点でステータスが返ってきてしまう・ステータスのデータ形式は次の通り FxxxyyyHzDzz% xxx=1KHz yyy=1Hz zz=1% 各数値に値を掛けたものが現在の数値 周波数が1KHzを超えていない場合「xxx」には「000」が入る 取得したステータスが「F001200HzD43%」ならば 周波数1.2KHzデューティー比43%となる・周波数の入力は「1.05KHz」ならば「f1.05」、「10.5KHz」ならば「f10.5」、 「105KHz」ならば「f1.0.5」と入力することになっているがこの方式では 入力に成功せず「.」を入力した時点で「FAIL」となる・周波数の入力は設定したい数値をそのまま入力すればよい・例えば「25KHz」を設定したい場合には「f25000」と入力し「123KHz」の 場合には「f123000」と入力する・なお、「f25123」と設定した場合、画面表示は「25.12」となるが値は 「25.123KHz」が保存されているため「read」コマンドでステータスを 確認すると「F025123」となっている情報を調べると個別の周波数を3つ同時に出力できるXY-LPWM3というものもあるようですが、Amazon内では1チャンネル版の説明になっており出品者評価も微妙なところからの商品しかいまのところ存在しないようなので、適価で取引実績の高い出品があればうれしいのですが・・・
0.1Hzまで発振できるようにして欲しかった。「利用はいたって簡単だから、取説なんか必要ないだろう」と云うつもりで省いたんだろうが、初めて触る者の身になって、簡単でいいから絵の1枚か2枚つけて、取説くらいは入れといて欲しい。商品の機能や動作は満足できる範囲。
シリアルコマンドにつてどうやらコマンドが変更になっているようです。私の個体では1Hzの設定は"F1",13250Hzでは"F13250"で設定できます。レスポンスも”done”でなく”OK"でした。ご参考に!中華品質のため表示器の欠けなどありますが、安いから許容します。
gadgedさんとは違うVerの商品でした。周波数設定は「Fxxx」でコマンド送信1kHzであれば「F1.00」デューティ比は「Dxxx」で送信それぞれ単独で送信しないとFAILが帰ってきます。また、指定周波数より1%程度高めの周波数が出力されます。

新着

NEW

Read More

NEW

Read More

NEW

Read More

Read More

Read More

Read More

Read More

Read More

Read More

Read More

特集

カテゴリごとに読む

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。