cinexvisuals.com,13511円,ミニコンポ,/doublehatching726164.html,パナソニック,家電&カメラ , オーディオ , ミニコンポ・セットコンポ,SC-RS60-W 13511円 パナソニック ミニコンポ SC-RS60-W 家電&カメラ オーディオ ミニコンポ・セットコンポ パナソニック ミニコンポ 新品 SC-RS60-W パナソニック ミニコンポ 新品 SC-RS60-W cinexvisuals.com,13511円,ミニコンポ,/doublehatching726164.html,パナソニック,家電&カメラ , オーディオ , ミニコンポ・セットコンポ,SC-RS60-W 13511円 パナソニック ミニコンポ SC-RS60-W 家電&カメラ オーディオ ミニコンポ・セットコンポ

パナソニック ミニコンポ 新作アイテム毎日更新 新品 SC-RS60-W

パナソニック ミニコンポ SC-RS60-W

13511円

パナソニック ミニコンポ SC-RS60-W

商品の説明

カラー:ホワイト

商品紹介

1.高音質パーツの採用によりさらなる高音質化を実現2.高音質と設置性を両立したデザインを継承し、本体色ホワイトを採用3.CDアルバムを録音できる「デジタル5チェンジャー」やUSBメモリー再生など多彩な聴き方で楽しめる

ご注意(免責)>必ずお読みください

【パナソニック製品の修理に関するお問い合わせ】
パナソニック修理ご相談窓口 TEL:0120-878-554
受付時間:9:00~19:00 (日祝日及び年末年始9:00~17:30)
インターネットより「パナソニック修理」で検索


メーカーより

パナソニック ミニコンポ ハイレゾ音源対応 Wifi/Bluetooth対応 ホワイト SC-RS75-W パナソニック ミニコンポ ハイレゾ音源対応/Bluetooth対応/ワイドFM対応 ブラック SC-RS60-K パナソニック ミニコンポ Bluetooth対応/ワイドFM対応 ブラック SC-HC2000-K パナソニック ミニコンポ FM/AM 2バンド Bluetooth対応 4GBメモリー内蔵 ブラウン SC-HC410-T パナソニック ミニコンポ Bluetooth対応 ブラック SC-HC400-K パナソニック ミニコンポ Bluetooth対応/ワイドFM対応 ホワイト SC-HC300-W
SC-RS75 SC-RS60 SC-HC2000 SC-HC410 SC-HC400 SC-HC300
実用最大出力 (JEITA) 20W+20W 20W+20W 20W+20W 20W+20W 20W+20W 10W+10W
Bluetooth (対応コーデック) ●(SBC) ●(SBC) ●(AAC/SBC) ●(SBC) ●(SBC) ●(SBC)
内蔵メモリー
無線LAN
サウンドジャンプリンク
AllPlay
Chromecast built-in

パナソニック ミニコンポ SC-RS60-W

ベッドの頭の上に置いて、リモコンは使わず本体ボタンで操作している。ボタン配置も良好。主にCDとFMを低音量で聴いているが、落ち着いたデザインと共にすっかり部屋に馴染んだ。以下は無い物ねだりです。通電確認ランプが欲しい時計の自動修正(常時表示もできれば)リモコンが安っぽいリモコンにヒモを通す穴が欲しいスリープボタンを本体にも欲しい眼鏡プラグが抜けやすいAMの内部バーアンテナくらい付けろFMのロッドアンテナくらいウソでも付けろ付属のFMアンテナは鬼のように安っぽい説明書が安っぽい(今は皆そうだが)
静かな部屋でクラシックやジャズを聴こうと思うと、CDを回転させるモーター音が大きくとても気になる。パナソニックへ修理に出したが「特に異常はない」とのことで直らなかった。本機は、ロックやJポップを大きな音で聴く分には支障ないと思われるが、リラックスを求める音楽を聴くには全く向いていないので、購入を検討されている方は注意が必要です。ハイレゾ音源を購入しても、それを楽しむ以前のレベルの製品だということがわかり、国内一流メーカーの製品なのにガッカリやら情けないやらの気持ちです。パナのレベルってこんなものなの?
よく聴くのは、クラシック(特に古楽)やジャズなどの、アコースティック楽器が特にフィーチャーされるジャンルに、たまにアニソンをこっそり混ぜる感じです。今回、長い海外生活から帰国し、CDを聴けて場所を取らないコンポを、ということで探しており、この商品に行き着きました。比較対象で最後に残ったのは、デノンのM41シリーズのレシーバーとスピーカー1対のセット。デフォルト設定での音質は、僕の耳にはやはりデノンに軍配が上がりましたが、今回は一体型にしたかったので目(耳)をつぶってこちらを購入しました。Bluetoothの性能については、(僕の使用環境では)このパナソニックの方がラグが少なかったように思います。特に動画を見るときなど、デノンは遅れて聞こえるようなこともありましたが、こちらはそんなことはありません。使用機器や環境が違えば、そんなことはないのかもしれませんが。同じパナソニックのHCシリーズ(よりコンパクトな薄型の、CDを正面に立てて入れるタイプのもの)も考えたのですが(フットプリントや価格など魅力的ですよね)、僕の聴くジャンルで比較すると、こちらの方が音に裏付けがあり、またCD視聴時のみの問題ですが、駆動音がこちらは聴こえなかった(HCは例えばクラシック曲の静かな場面でかすかにCDの回る音が聴こえた)のもプラス要因でした。前機種のRS-55との比較ができれば参考になるのではないかと思うのですが、残念ながらRS-55は経験がありません。他のレビューアーの方に期待します。僕は、結局イコライザーはいじらずデフォルトのままで聴いています。素直な、いい意味でフラットな音質だと思います。ちょっとヤマハっぽいかな?? アコースティック楽器を聴くには自然で疲れのこない音だと思います。パナソニックには昔から擬似サラウンドのような機能があり、こちらにもCLEAR SURROUNDという機能が2段階で設定できます。ぱっと聴き音質が向上するように感じられ(拡がりがでて、オフの時より音が前に出てくる感じもする)、効果は高いと思うのですが、僕は個人的にはどういうわけかいつもオフ設定に戻ってきてしまいます。おそらく音域などによって強調したり抑えたりというイコライズ作業がかかるのだと思うのですが、そのせいで不自然に聴こえているのかな?? とも思います。でも、これを聴いてもらった人は大抵設定オンの方がいいとおっしゃるので、好きずきなのでしょう。この機能の効果は間違いなく「あります」。一体型でこの価格帯としては、2018年現在最新機種でもあり、間違いなく検討対象に入れるべき1台だと思います。ソニーのオーディオも復活してきているようだし、専門メーカーでない総合家電メーカーのオーディオ機器も侮れなくなっていますね。
久しぶりにCDコンポを購入。S社製の同価格帯の商品と比較検討しましたが、CD5枚分を(容量により5枚よりすくなくなることもあり?)メモリーとして本体に記録して(一度記録すればCDなしで)聞けるということでこちらの製品にしました。Blootoothも使えますし、USB端子もあるので今の時代あまり重要な機能ではないかもしれませんが、CD派の方にはおすすめ。黒の質感もよく、値段以上の高級感があります。音質は専門的な知識がないため詳細をしるせませんが、十分な「音」を出してくれていると感じます。難点は本体の操作性。リモコンありきのもののようでいまひとつ使いにくいです。
ちょっとディープな生物の世界
やばい生き物
生物動画
もっと見る
もっと見る