楽器・音響機器 , DTM・DAW , オーディオインターフェイス,/chairless66959.html,cinexvisuals.com,MACKIE,DAWコントロールサーフェス,72900円,マッキー,Pro,国内正規品,MCU 72900円 MACKIE マッキー DAWコントロールサーフェス MCU Pro 国内正規品 楽器・音響機器 DTM・DAW オーディオインターフェイス 楽器・音響機器 , DTM・DAW , オーディオインターフェイス,/chairless66959.html,cinexvisuals.com,MACKIE,DAWコントロールサーフェス,72900円,マッキー,Pro,国内正規品,MCU MACKIE 未使用 マッキー DAWコントロールサーフェス Pro 国内正規品 MCU 72900円 MACKIE マッキー DAWコントロールサーフェス MCU Pro 国内正規品 楽器・音響機器 DTM・DAW オーディオインターフェイス MACKIE 未使用 マッキー DAWコントロールサーフェス Pro 国内正規品 MCU

MACKIE 未使用 マッキー DAWコントロールサーフェス Pro メーカー公式 国内正規品 MCU

MACKIE マッキー DAWコントロールサーフェス MCU Pro 国内正規品

72900円

MACKIE マッキー DAWコントロールサーフェス MCU Pro 国内正規品

商品の説明

音楽制作ソフトウェアを完結させるためには Mackie Control Universal Pro が必要です。MCU Pro は、ハンズオンでの究極の操作性を提供し、ソフトウェアの機能を強化します。実際のところ、あなたがお使いのソフトウェアは MCU Pro への対応を考慮に入れて開発されています。ソフトウエア・メーカーは、Mackie が開発した独自のコミュニケーション・プロトコルを使って MCU Pro にアクセスし、正確に MCU Pro の動作を設定しているのです。つまり、MCU Pro は、その他のハードウェア・コントローラーとは比較にならないほど、密接にソフトウェアと融合して動作します。ミックス作業における標準的なレベルにさえ満たないレスポンス、どのノブにどのパラメーターがアサインされているかを思い出す努力、非常に煩わしいMIDIマッピングなどの作業はもう必要ありません。MCU Pro では、ミックスやプラグイン・パラメーターの奥深くまでの直感的なコントロールと、リアルタイムの視覚的フィードバックを提供し、セットアップもプラグアンドプレイを実現しています。MIDIマッピングの作業は一切必要ありません! MCU Proは、単純なフェーダーやトランスポートをコントロールするだけの製品ではなく、最も包括的にソフトウェアのコントロール性能を装備しています。MCU Pro は、9つの100mm Alps製オプティカル・タッチセンシティブ・フェーダー、フルサイズのバックライトLCD、素早い操作のための V-Potを搭載し、これだけでプロダクション作業を完結させることができる唯一のデスクトップ型コントロール・サーフェスです。 また MCU Pro は、オプションの Mackie Control Extender Pro を追加することで、スタジオの成長に応じて拡張させることも可能です。


メーカーより

MACKIE マッキー DAWコントロールサーフェス MCU Pro 国内正規品

価格の大幅改定で当初の価格の半額ほどまで値下がりしました。当方cubase pro 9 で使用しています。ドライバーは必要なく、USB接続であとは勝手に機械がやってくれます。オーバーレイシートが付属されているのでProtool、Logic、Cubaseなどの主要ホストは面倒な設定がないので非常に楽です。ただ、自分の環境のせいなのか、fader bankが機能していません。それを除いてもタッチセンシティブ式モーターフェーダにpan、EQ、dynamics、sends、insertなどを割り当てて操作できるVpot、ズーム機能もついています。これらのおかげでマウス操作がかなり減りました。高価ですが、最高のフィジカルコントローラーです。拡張の機材としてVpotが30個以上搭載されたC4 proというものがありましたがこちらは2009年に生産が完了しているのらしいので、中古を探すしかなさそうです。個人的にはC4 proが欲しかったのですが残念です。
前機種はPCとMIDIケーブルによる接続でしたがMCU ProはUSB接続になりました。ただし拡張モジュール(XT Pro)は本機とMIDIケーブルによる接続です。専用ドライバはありません。少し突っ込んだ話をしますと、このコントローラはUSB的には「4ポートのMIDIインターフェース」となりPCは汎用のドライバを割り当てます。その中の1ポートにMIDIメッセージ送受信回路(内部接続のMIDI機器と言えます)が繋がっている構造です。本機を操作するとMIDIメッセージがUSBを通して送信され、DAWはそのMIDIメッセージを様々なコマンドとして受け取っているわけです。ちなみに本機のMIDIメッセージを音源に送ると音源が鳴ります。本機の特徴としてV-Potがありますが、メーカーさんは「これは使いやすいですよ」と宣伝していますが正直言ってあまり使いやすくありません。「C4」の評判があまり良くなかったのもV-Potの操作性の悪さが原因です。確かに手元でパッと操作できそうですが、1回転あたりのクリック数が少ないうえに回すのに力が必要で更に細くつまみにくい。それならばロータリーエンコーダーではなくアナログのボリュームを採用してくれたほうが良かったのです。しかし、フェーダーのアライメントはきちんと揃っていますし、ジョグダイヤルや再生や停止ボタンの感触は非常によく、作業性は上がると思いますので買って損はないと思います。なお、私は5年ほど前に購入しましたが当時から値段はほとんど変わっていません。(約16万)最新ファームウェアは4.0.3です。電源投入時にファームウェアバージョンが表示されると思いますが、最新バージョンでない場合はサイトからダウンロードしてアップデートしてください。アップデートファイルはMIDIファイルになっています。本機をファームウェアアップデートモードにしてそのMIDIファイルを再生すればOKです。(必ず使用方法を読んでから行ってください)

『裏切られたので王妃付き侍女にジョブチェンジ!』、他8作品更新!

次回更新は

最近発売のコミックス書籍

前回までの更新

『異世界でも無難に生きたい症候群』、他14作品更新!

『迷宮ブラックカンパニー』、他13作品更新!

2021 12 月号 配信!

『めっちゃ召喚された件 THE COMIC』、他6作品更新!

『魔導の系譜』、他9作品更新!

『侯爵嫡男好色物語 ~異世界ハーレム英雄戦記~』、他11作品更新!